母子父子寡婦福祉資金の貸付

2018年7月10日(火)公開

正式名称母子父子寡婦福祉資金の貸付

手続きを行う場所
鈴鹿市役所
担当部署
子ども政策課

児童(20歳未満)を養育している母子家庭の母、父子家庭の父、父母のない児童、寡婦などに対して資金の貸付けをしています。
相談、申請には事前予約が必要です。
※詳しくは、子ども政策課までお問い合わせください。

 

【種類(例)】

  • 修学資金=児童の修学に必要な経費
  • 就職支度資金=児童の入学に際し必要な経費

関連する行政お役立ち情報