2021年1月1日(金) 新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
旧年はお世話になりました。本年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。昨年ご支援下さいました皆様、活動に参加して下さいました皆様ありがとうございました。本年も宜しくお願い致します。
2020年は当たり前が当たり前でない一年となりました。失われたもの、時間等もたくさんありましたが、コロナ禍だからこそご縁を頂きました方々もたくさんみえる年となりました。
夏のイベントが中止になったり、子ども食堂は人数制限をけた開催となったりと活動がコロナ禍に影響された事も多々ありました。しかし地域コミュニティとして、子ども食堂のあり方、shiningの活動の方向性色々と考えさせられる事もありましたが、このご縁を大切に本年も前を向いて活動を行っていきます。
まだまだ未熟な団体ではありますが、皆様にご鞭撻頂けたら嬉しく思います。仲間と共に子ども達の笑顔を地域で見守っていける1年になるよう活動していきますので、本年もよろしくお願い致します。
理事長 岡田聖子

ご支援頂きましたうつべ農園様と

 

 

新年明けましておめでとうございます🎍
昨年も沢山の方々にお世話にました。ありがとうございました。今年もどうぞ宜しくお願い致します。昨年は新型コロナウイルスで世の中が大変混乱した一年でした。
安全に子ども食堂が開催出来るのか?と不安もありましたが皆様のサポートと協力により、形を変えながらも開催できた事に感謝の一年でした。夏休みのイベントや、今年企画していた事が中止になり残念でしたが、新型コロナウイルス感染拡大がなければ考え行動出来なかった事もあったと思います。こんな時だからと手厚く気に止めて頂きました企業様からのご支援、農家さんや市民の方々からのご寄付をして頂き、子供食堂、食料支援を続ける事ができました。ありがとうございました。スタッフ皆でいろんな事を話し合い改善しながら子ども食堂を開催する中で子供食堂の活動は改めて必要な事だと感じます。横に手を取り合う事が必要な事。子供達の助けてと簡単に言えない現状もあり、大人達が子供を見守る体制が必要な事がリアルに感じる一年でした。

感動する事も沢山ありました。ふとした子供からの言葉に癒され事もあります。この活動が続けれる鈴鹿市は良い町だと思います。子供達はしっかり大人の行動を見て学んでいます。シンプルですが行動、思いやり、小さな事でもじぶんの出来る事が大きな力に繋がる事に改めて気付いた一年でした。皆様のサポートに改めて感謝と今年の活動への意欲を持って皆で協力しあい活動を今年もして行きたいと思います。今年も元気に笑顔が溢れる鈴鹿子ども食堂鈴子の家であります様に!見守って頂けましたら幸いです。どうぞ今年も宜しくお願いします。
副理事長 伊藤美枝

 

新年あけましておめでとうございます。昨年より続くコロナ禍、静かな年明けをお迎えでしょうか。昨年は、いろいろなものが大変革を起こしました。しかしそんな中で、改めて認識できたことは、実は家族や、大仲間とのコミュニケーションであったことです。大切なことを大事にあたためることに気がつけたり、おざなりであったことにはっとさせられたり、大切にしていたことは、実は違う方法に変えることが工夫できたりと、気づきの多い年となりました。そんな折に新たに繋がれた方々もたくさんみえたこと、この出会いを大切にしたいと思います。

激変する社会に翻弄される事なく、自分らしく出来る事、したい事を2021年も代表と共にあたためることに致します。日頃よりNPO法人shiningにご支援下さいました皆様、活動に賛同頂き一緒に活動して下さいました皆様、遠路より無沙汰になっているところを、温かく見守ってくださる皆様。感謝致します。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
副理事長 中村文

新しい記事

↓