2016年9月7日(水) 第1回目の子ども食堂を終えて

第1回目の子ども食堂を終えて

8/21第1回目の子ども食堂を開催しました。
鈴鹿市で初めての子ども食堂です。


子ども食堂を開催にあたり、たくさんの方々にご協力頂きました。もちろんこれからもたくさんの方々のご協力を仰ぐ事になります。

子どもの貧困に対しては現在様々な対策が取られていますが、子ども食堂については賛否両論あるのは事実です。富裕層が安く御飯を食べに来るのではないか?ホントに貧困の子どもがいるのか?主催者の自己満足ではないか?etc…
実際子ども食堂開催までに色々な場所に行き、たくさんの方々にお会いしましたが、鈴鹿にそんな子どもいるの?うちの近所には居ないよ。テレビで言ってるだけじゃないの?
ホントに色々な声が聞こえてきました。

でも考えて見て下さい。もし自分の家庭が貧困なら周りにいいますか?きっと言えて助けを求める事が出来る人は極少数ではないでしょうか?
ましてや子ども達は、それが当たり前の生活になっているので中々声を上げれないのではないかな?と私は思います。
お金がある、ないだけでは貧困は計れません。心の貧困も問題だと思っています。1人で御飯を食べる。困った時に誰にも相談出来ない。両親が忙しくて愛情不足なと心の貧困にもキリがありません。

そんな時に近所の誰かに助けを求めたり、相談出来る関係が少しでも多くの子ども達に広がればと子ども食堂開催に踏み切りました。
子どもばかりではありません。子ども食堂を通して、孤独を感じている高齢者や大人も住みやすい地域になっていけばとてもうれしく思います。

子ども食堂を開催してみて、ホントにたくさんの方々に助けられまだまだ鈴鹿の街も捨てたもんじゃない!子ども達の未来を考えてくれている方々がいる!と実感しました。
たくさんの支援の輪が広がる事を願いこれからも毎月開催していきます。

次回は9/17 16時から三日市公民館でそうめん大会をします!このそうめんも地域の方が提供下さりました。少しでも必要としてくれている子ども達が遊びに来てくれると嬉しいです^ ^

新しい記事

↓